fbpx
渋谷エリア深夜グルメ情報

20世紀最後の少年少女が模索した 音楽とアートと夜遊びの行方。 桜丘町の隠れ家的音楽酒場「MeWe」

tricolor1000

YOLULUプランナー:tricolor1000

対抗文化人

レゲエやラテン、ロックやジャズ、ハウス、テクノ…。酒と音楽とアートと老若男女がほどよく化学反応して弾けた’90年代のクラブシーン。そこは誰にでも居場所のある社交場だったし、自由を感じられる場所でもあった。けれど、流行りあれば廃れありなのか、21世紀を迎え、シーンは徐々に地下へと戻っていった。

そんなクラブという夜遊びカルチャーの中で出会ったアーティストやDj、クラブスタッフや音楽関係者、建築家たちが、自分らにとってのクラブ、夜遊びの場として出した答えが、ここ「MeWe(ミーウィー)」。Djによる選曲を聴きながら、飲んで食べて踊れる空間だった。

エントランスから店内、トイレまで、手作り感満載の空間はもはや芸術の域。アーティストたちが感じたものを解放して作ったことが伝わってきます。オープンからすでに20年近く経っているため、カウンターやテーブルもいい感じに味が出ております。

選曲は、日本のロックや歌謡曲、アイドルがかかるかと思えば、スカやソウル、ファンク、ブルースなど、ボーダーレス。店主の伊達さん曰く、その日の空気でかける曲を決めたりもするそう。心地よい空間で楽しむ音楽や食事、そして仲間との会話に、至福の時間が流れていきます。

フードメニューのレパートリーはかなり豊富。定番メニューは、牛すじ豆腐(500円)や自家製ししゃもの燻製 (600円)をはじめ、厚切りハムカツ(650円)、山芋の唐揚げ(550円)など、ちょっと懐かしい気分にさせてくれます。そのほか、季節のメニューも充実!

お酒で試して欲しいのは、銀河系一美味しいというウーロンハイ(500円)。こちらはやかんできちんと作ったウーロン茶で焼酎を割っているのだとか。もうひとつは、テキーラにトマトとハラペーニョを漬け込んだテキトマ(750円)。写真はソーダ割り。どちらもクセになる味わいです。そのほか、日本酒・焼酎・カクテルなども豊富。

「MeWe」への歩き方

多くの音楽好きに愛される名曲居酒屋「MeWe」。その場所はセルリアンタワー東急ホテルの裏手になります。渋谷駅のモヤイ像エリアから、歩道橋を使って246号線を渡ります。楽器屋とコンビニがある通りの右隣の道を登って、3本目の路地を左折したところ。赤提灯が目印です。

MeWe(ミーウィー)
住所:東京都渋谷区桜丘町28-3 恒和渋谷ビル2F
TEL:03-3464-0061
平均予算:¥3,000~¥4,000
営業時間:19:00~翌2:00
定休日:日曜日・第2月曜日・祝日の月曜日

ABOUT ME
tricolor1000
酒が飲みたければ、朝からやってる店もあれば昼からやっている店もある。24時間飲もうと思えば飲めるのがこの日本の面白さだ。それぞれの時間の中でしか出会えない人たちもいたりする。良い店の条件は人それぞれかもしれないけれど、僕たちは記憶に残る、また行きたくなるような名店をもっと知りたい。

深夜のスポット情報をお届け!
公式アカウントを今すぐチェック